読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

釣りは【鮒に始まり鮒に終わる】ん!?

僕が魚釣りに興味を持つキッカケになったのはコレ

f:id:nsp358shizuoka:20170321131314j:image
そう、釣り人達が釣りたくてもなかなか釣れないあの魚。『クロダイ』。

僕がまだ3〜4歳頃だったと記憶している。
ある日曜日の朝、釣りキチの親戚のオジサンが来て
『ナオキー(以降は父)!イワシん釣れてるんて行くか?』
と、コッテコテの静岡弁で誘いに来た。

まあまあ釣り好きな父だから

父『はいよ!』
と即答。そして半ば無理矢理に同行することになった僕。

釣り場に到着して父とオジサンは愛用のタックル(竿やリールなどの道具)を準備しながら僕に
『お前んのもあるぞ〜』と、途中寄った釣り具屋で買ったのであろう

見たら分かる 安っいやつ(笑)
今だから分かるオールセットで多分500円程の竹竿を出してくれた。

コマセを利かせながら堤防でのサビキ釣りに没頭する2人を横目に、なぜかイソメを餌にウキが沈んだら上げる!とだけのレクチャーを受けただけの僕(笑)言われるままウキを見つめる。

オジ『先週はたーんと釣れてただけんなぁ、、』
と、イマイチ爆釣モードにならない様子。

その時だった!僕が見つめていたウキが無い!
僕『アレ?ウキが無くなったよ!』
オジ&父『なんか釣れてんだろ〜上げてみ』
僕『上がんないよ?』
父『地球釣っただら(笑)』

そんなやり取りをしながらも、僕の手にはブルブルとした感触があって、なんとか上がってきた魚体を見た瞬間オジと父の笑いが消えたのを僕はハッキリと覚えている(爆)

オジ&父『クロダイだ!タイ!鯛!(汗)』

そう!上がってきたのがクロダイ!30cm弱だったけど幼少の僕の目には鯨のように映っていたのかもしれない。
正にビギナーズラックというものなのだが、それ以来、僕も大の釣り好きになったのはヒミツ(笑)

だから、僕は『鮒に始まり鮒に終わる』が当てはまらないなぁと思う。

そう、クロダイに始まったんですからね。となると終わりは…やっぱり鯨!?(^_^;)

 

これからも想い出や日常を、のんびりと更新していくので宜しくお願いします。またブックマークやシェア頂ければ幸いです。